人生をもっと楽しく

人生を楽しむ多趣味サラリーマンが楽しいことを発信するブログ

映画

映画『トッツィー』解説&感想 ダスティン・ホフマンが女装に挑む!

どうも、たきじです。 今回は映画『トッツィー』の解説&感想です。 今となっては少し古いランキングですが、AFI(アメリカン・フィルム・インスティチュート)が1998年に選出したアメリカ映画ベスト100で62位、2000年に選出したアメリカ喜劇映画ベスト100で…

映画『ミザリー』解説&感想 スティーヴン・キング原作の名作ホラー

どうも、たきじです。 今回は1990年公開のアメリカ映画『ミザリー』の解説&感想です。原作スティーヴン・キング×監督ロブ・ライナーという組み合わせは『スタンド・バイ・ミー』に次いで二度目ということになります。 作品情報 あらすじ 解説&感想(ネタバレ…

映画『M』解説&感想 映画黎明期の革新的ドイツ映画

どうも、たきじです。 今回は1931年のドイツ映画『M』の解説&感想です。監督は、映画黎明期の巨匠フリッツ・ラング。彼のもう一つの代表作『メトロポリス』と並んで、ドイツ映画を代表する名作です。 1951年にアメリカでリメイクされた他、2019年には本国ド…

映画『知りすぎていた男』解説&感想 音楽が彩るサスペンス

どうも、たきじです。 今回は映画『知りすぎていた男』の解説&感想です。 本作は、モロッコ、ロンドンを舞台に、要人暗殺の陰謀に巻き込まれていくアメリカ人一家を描くサスペンス映画。アルフレッド・ヒッチコック監督が得意とする巻き込まれ型サスペンスで…

映画『遊星からの物体X』解説&感想 不気味でグロテスクなSFホラー

どうも、たきじです。 今回は1982年公開の映画『遊星からの物体X』の解説&感想です。監督は『ハロウィン』のジョン・カーペンター。ホラー映画の名手が送るSFホラーの秀作です。 作品情報 解説&感想(ネタバレあり) 短編小説の再映画化 人と同化する"物体" …

映画『見知らぬ乗客』解説&感想 ヒッチコック演出の魅力溢れるサスペンス

どうも、たきじです。 今回は映画『見知らぬ乗客』の解説&感想です。 1951年公開のアメリカ映画で、アルフレッド・ヒッチコック監督の代表作の一つ。ヒッチコック演出の素晴らしさが光るサスペンス映画です。 『太陽がいっぱい』で有名なパトリシア・ハイス…

映画『のぼうの城』感想 歴史映画として楽しめますが、文句をつけたくなるところも…

どうも、たきじです。 今回は映画『のぼうの城』の感想です。本作は、犬童一心と樋口真嗣が共同監督を務め、野村萬斎主演で描く歴史スペクタクル。成田勢3000の軍勢が、石田三成(上地雄輔)率いる2万の軍勢から城を守る物語です。 作品情報 感想(ネタバレ…

映画『デス・プルーフ in グラインドハウス』解説&感想 前後半のコントラストの効いたカーチェイス映画

どうも、たきじです。 今回は映画『デス・プルーフ in グラインドハウス』の解説&感想です。 2007年公開のアメリカ映画で、クエンティン・タランティーノ監督作品。ロバート・ロドリゲス監督の『プラネットテラー』と、架空の映画の予告編と合わせて『グライ…

映画『ターミナル』解説&感想 軽いタッチのコメディ映画

どうも、たきじです。 今回は、2004年公開のスティーヴン・スピルバーグ監督作品、映画『ターミナル』の解説&感想です。 母国でクーデターが発生し政府が消滅したことからパスポートが無効になってしまってアメリカに入国することができず、空港から出られな…

映画『プロデューサーズ』解説&感想 思いっきり笑えるミュージカル・コメディ

どうも、たきじです。 今回は映画『プロデューサーズ』の解説&感想です。 オリジナルはメル・ブルックス監督・脚本で1968年に公開された同名映画。その後、メル・ブルックス自身の作詞・作曲で2001年にミュージカルとして舞台化されました。本作は、そのミュ…

映画『セッション』解説&感想 暴力的なスリルを感じる音楽映画

どうも、たきじです。 今回は映画『セッション』の解説&感想です。 『ラ・ラ・ランド』、『ファースト・マン』のデイミアン・チャゼル監督の出世作。脚本も務めたチャゼル監督は、高校時代にジャズバンドに所属しており、その時の経験が脚本に反映されている…

映画『雨に唄えば』解説&感想 ポジティブな空気感に満たされたミュージカル映画

どうも、たきじです。 今回は映画『雨に唄えば』の解説&感想です。 『雨に唄えば』は1952年公開の、ミュージカル映画を代表する作品です。AFI(アメリカン・フィルム・インスティチュート)が2006年に選出した、アメリカの歴代のミュージカル映画のランキン…

映画『トゥルーマン・ショー』解説&感想 秀逸な脚本とジム・キャリーの熱演で魅せる感動のコメディ映画

どうも、たきじです。 今回は映画『トゥルーマン・ショー』の解説&感想です。 ジム・キャリー主演で送る感動のコメディ映画。ゴールデングローブ賞ではジム・キャリーが主演男優賞、エド・ハリスが助演男優賞を受賞しています。 作品情報 解説&感想(ネタバ…

映画『ドラゴンボールZ 復活の「F」』感想 愛のあるツッコミレビュー

どうも、たきじです。 今回は、映画『ドラゴンボールZ 復活の「F」』の感想です。漫画『ドラゴンボール』の劇場版としては第19作にあたり、第2期の第2作にあたります。この後、『ドラゴンボール超』が始まったため、『ドラゴンボールZ』の劇場版としては最後…

映画『ドラゴンボールZ 神と神』解説&感想 愛のある辛口レビュー

どうも、たきじです。 今回は、映画『ドラゴンボールZ 神と神』の解説&感想です。漫画『ドラゴンボール』の劇場版としては第18作にあたり、第2期の最初の作品です(詳しくは後述)。 今回はネガティブな感想となりますが、愛のある辛口レビューということで…

映画『鳥』解説&感想 ヒッチコックのサスペンス演出が冴え渡る

どうも、たきじです。 今回は映画『鳥』の解説&感想です。 1963年公開のアメリカ映画で、アルフレッド・ヒッチコック監督の代表作の一つ。個人的には彼の作品の中では特別好きな作品ではないですが、ヒッチコック演出の素晴らしさは如実に表れた作品だと思い…

映画『カイロの紫のバラ』解説&感想 映画の素晴らしさが溢れたロマンティック・コメディ

どうも、たきじです。 今回は映画『カイロの紫のバラ』の解説&感想です。 本作は1985年公開のアメリカ映画で、ウディ・アレン監督の代表作の1つです。映画のスクリーンから飛び出してきたキャラクターと恋に落ちるという、ファンタジーなロマンティック・コ…

【おすすめ】バスター・キートンの長編映画レビューまとめ

映画黎明期の1920年代に活躍した喜劇俳優バスター・キートン。同時代の喜劇俳優チャールズ・チャップリン、ハロルド・ロイドと共に三大喜劇王なんて言われています。当ブログでも、彼が監督し主演した作品の解説&感想の記事を10本以上アップしてきました。 …

映画『ヒックとドラゴン』感想 多くの人の目に触れて欲しい名作アニメ

どうも、たきじです。 今回は、映画『ヒックとドラゴン』の感想です。 2010年に公開された、ドリームワークス・アニメーションが送るアニメ映画です。ディズニー・ピクサー信仰が熱い日本では、公開当時そこまで話題にならなかったと記憶していますが、それ…

映画『お熱いのがお好き』解説&感想 アメリカ映画史上最高のコメディ

どうも、たきじです。 今回は映画『お熱いのがお好き』の解説&感想です。 ビリー・ワイルダーが監督し、トニー・カーティス、ジャック・レモン、マリリン・モンローが共演した作品。今となっては少し古くなりましたが、AFI(アメリカン・フィルム・インステ…

映画『桐島、部活やめるってよ』解説&感想 青春の苦悩や焦燥を炙り出す群像劇

どうも、たきじです。 今回は映画『桐島、部活やめるってよ』の解説&感想です。朝井リョウの同名の小説を原作とする青春群像劇です。 作品情報 解説&感想(ネタバレあり) 誰もが共感できる群像劇 登場人物の関係性がうまく絡み合う 苦悩と焦燥は続いていく …

映画『生きる』解説&感想 黒澤明×志村喬の渾身の一作

どうも、たきじです。 今回は映画『生きる』の解説&感想です。 監督・黒澤明×主演・志村喬による人間ドラマの傑作。市役所の市民課長として空虚な日々を送ってきた男が、胃癌により余命いくばくもないことを知り、残された命で公園の建設に尽力する物語です…

映画『硫黄島からの手紙』解説&感想 見るものの感情を揺さぶる力を持った作品

どうも、たきじです。 今回は映画『硫黄島からの手紙』の解説&感想です。 クリント・イーストウッド監督が、太平洋戦争末期の大激戦"硫黄島の戦い"を日米双方から描いた二部作の内の一作。同年、先に公開された『父親たちの星条旗』がアメリカ側から描いた物…

映画『キートンのカメラマン』解説&感想 キートンとMGMが交わったシナジー

どうも、たきじです。 今回は映画『キートンのカメラマン』の解説&感想です。映画黎明期の喜劇王バスター・キートンが監督・主演を務めた長編作品として第十一作にあたる作品です。 前作『キートンの蒸気船』を最後に、バスター・キートンは自身の撮影所を手…

映画『博士の異常な愛情』感想 キューブリックによるブラックコメディの傑作

どうも、たきじです。 今回は映画『博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか』の感想です。 本作は、スタンリー・キューブリック監督によるブラックコメディの傑作。長いタイトルですが、通称は『博士の異常な愛…

映画『キートンの蒸気船』解説&感想 すべてを吹き飛ばすキートンの傑作

どうも、たきじです。 今回は映画『キートンの蒸気船』の解説&感想です。映画黎明期の喜劇王バスター・キートンが監督・主演を務めた長編作品として第十作にあたる作品です。 ↓ その他のバスター・キートン作品はこちらから ※作品の著作権保護期間は終了し、…

映画『キートンの大学生』解説&感想 興奮と感動のクライマックス

どうも、たきじです。 今回は映画『キートンの大学生』の解説&感想です。映画黎明期の喜劇王バスター・キートンが監督・主演を務めた長編作品として第九作にあたる作品です。 ↓ その他のバスター・キートン作品はこちらから ※作品の著作権保護期間は終了し、…

映画『キング・コング』感想 ピーター・ジャクソンのセンス溢れるリメイク版

どうも、たきじです。 今回は映画『キング・コング』の感想です。 『ロード・オブ・ザ・リング』三部作の監督を終えたピーター・ジャクソンが次に監督したのが本作。1933年の『キング・コング』のリメイク作品で、1976年のジョン・ギラーミン監督版『キング…

映画『キートンの大列車追跡』解説&感想 列車アクションが光るキートンの傑作!

どうも、たきじです。 今回は映画『キートンの大列車追跡』の解説&感想です。映画黎明期の喜劇王バスター・キートンが監督・主演を務めた長編作品として第八作にあたる作品で、キートンの最高傑作とされることの多い作品です。 ↓ その他のバスター・キートン…

映画『風の谷のナウシカ』感想 色褪せない魅力

どうも、たきじです。 今回は、映画『風の谷のナウシカ』の感想です。『ルパン三世 カリオストロの城』で映画監督デビューを果たした宮崎駿監督の第二作。スタジオジブリの前身とも言えるトップクラフトの制作です。本作公開の後、スタジオジブリが設立され…