人生をもっと楽しく

人生を楽しむ多趣味サラリーマンが楽しいことを発信するブログ

映画『キートンの西部成金』解説&感想 キートンが牧場で働くドタバタ喜劇

【スポンサーリンク】

どうも、Takijiです。

 

今回は映画『キートンの西部成金』の解説&感想です。映画黎明期の喜劇王バスター・キートンが監督・主演を務めた長編作品として第六作にあたる作品です。

 

※作品の著作権保護期間は終了し、パブリックドメインとなっています。

 

作品情報

タイトル:キートンの西部成金

     キートンのゴー・ウェスト!(別題)

原題  :Go West

製作年 :1925年

製作国 :アメリカ

監督  :バスター・キートン

出演  :バスター・キートン

     ハワード・トルースデール

     キャサリン・メイヤーズ

上映時間:69分

 

映画鑑賞は見放題作品数No.1のU-NEXTで!

解説&感想(ネタバレあり)

心を通わせる孤独な2人

本作でキートンが演じるのは天涯孤独の。彼は全ての家財と引き換えに手に入れたわずかな食料を手に、貨物列車に忍び込みます。食料が尽きた時、たどり着いたのは西部の牧場。なんとか仕事を手に入れた男は、そこで乳牛のブラウン・アイズと心を通わせます。彼女はろくに牛乳を出さないことから、肉牛と同じ柵の中に送られてしまいます。やがて、ブラウン・アイズは他の牛達と一瞬に出荷されることになり、男はそれを阻止しようと奔走します。

 

ちなみに、キートンが演じる役柄のクレジット表記は"Friendless"。"Friendless"は、日本語では"友のない、孤独な"などと訳されます。本作は、"Friendless"な2人(1人と1頭)が心を通わせる物語ということになります。

 

牛の群れを引き連れて走るキートン!

本作の見せ場はやはりクライマックス。ブラウン・アイズを助けつつ、他の牛を出荷先に届けるため、男は牛の群れをロサンゼルスの街に放します。街がパニックに陥る中、衣装屋で赤い悪魔の仮装を身につけたキートンが、赤いものに向かってくる牛の群れを引き連れて走る走る!

 

大量の牛を放して撮影するなんて、キートンがやることのスケールの大きさには感服します。ただ、"何か"の群れに追われてひたすら走るキートンは『キートンのセブン・チャンス』や『キートンの警官騒動』でたっぷり見られますし、それらの作品の方が見応えがあるので、そこに特別な面白みはありませんでした。


このクライマックスに限らず、映画を通して、笑いは多分に散りばめられているけれど、突き抜けるようなものはありませんでした。キートンには、アクロバティックな笑いを期待してしまいますが、本作はそこが少し物足りないです。

 

キートンのファンサービス

一方で、思わずニヤけてしまったシーンが2つ。


1つ目はキートンが牧場でカウボーイの衣装に着替えるシーン。カウボーイハットを一度は手に取りますが、それを地面に叩きつけ、もともと被っていたポークパイハットを深く被り直します。


2つ目はキートンが牧場の仲間とトランプをするシーン。銃を突きつけられて「笑えよ」と脅されたキートンは、無表情のまま2本の指で口角を持ち上げた後、首を振ります。


ポークパイハットも、"The Great Stone Face"と形容される無表情も、キートンのトレードマーク。これを失うことを拒絶する2つのシーンは、キートンのファンサービス的な笑いです。

 

綺麗にまとまったストーリー

ストーリーの結末が残念だった前作『キートンのセブン・チャンス』とは打って変わって、本作の結末は綺麗にまとまっています。全ての牛を出荷先へ送り届けたキートンは、牧場の主人(ハワード・トルースデール)から、「欲しいものは何でもやる」と言われます。キートンは主人の娘(キャサリン・メイヤーズ)がいる方を指し、「彼女が欲しい」と言います。困惑する主人でしたが、キートンが連れてきたのは娘ではなくブラウン・アイズ。主人は大笑いして承諾します。


映画中盤、キートンが娘の手に刺さったトゲを取ってあげて、少しいい感じになるシーンがありました。このシーンを入れることで、キートンと娘がくっつく可能性も示唆しつつも、キートンにはブラウン・アイズしか眼中になかったというオチ。いいですね。

 

最後に

今回は映画『キートンの西部成金』の解説&感想でした。街を駆ける牛の群れとキートンは1つの見どころではありますが、キートン×西部という組み合わせに対する期待値には及ばない作品です。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!!

 

↓ 他の映画の解説&感想もぜひご覧ください!

 

----この映画が好きな人におすすめ----

↓ バスター・キートンの代表作

映画鑑賞は見放題作品数No.1のU-NEXTで!

★バスター・キートン作品の解説&感想