映画『運命じゃない人』感想 内田けんじ監督の鮮烈なデビュー作!

どうも、Takijiです。

 

今回は映画『運命じゃない人』の感想です。トリッキーな脚本が光る、内田けんじ監督の鮮烈なデビュー作です。

 

作品情報

タイトル:運命じゃない人

製作年 :2005年

製作国 :日本

監督  :内田けんじ

出演  :中村靖日

     霧島れいか

     山中聡

     山下規介

     板谷由夏

 上映時間:98分

 

『運命じゃない人』の鑑賞は見放題作品数No.1のU-NEXTで!

感想(ややネタバレあり)

本作ほど、あらすじを説明しにくい映画はないかもしれません。主要な登場人物は、宮田武(中村靖日)、桑田真紀(霧島れいか)、神田勇介(山中聡)、浅井志信(山下規介)、倉田あゆみ(板谷由夏)の5人。本作は、彼らが絡み合う一日の出来事を、宮田、神田、浅井の3人の視点で描きます。


最初は宮田目線で、宮田と真紀のぎこちないロマンスを描いた短編映画のような装い。なんということなく一つの結末を迎えるこの物語と同じ時間軸を、神田目線、浅井目線で、改めて見せることで、様々な真実が明らかになっていきます。この仕掛けはあまりに見事!


実はあの時トイレに、クローゼットに、ベッドの下に、という面白さや、裏で繰り広げられていた"札束"を巡るドタバタが最高に楽しいです。


浅井目線の物語で、ベッドの下から覗いた宮田の足の動きとか、浅井とあゆみが車で帰る途中に、道路で小躍りする宮田がさりげなくフレームインするとか、ちょっとした演出も面白いです。


映画の最初と最後を真紀のモノローグにしていて、これがまた綺麗にまとまっています。そして満を持して、宮田が同僚にマンションの部屋を貸す話の伏線回収で終幕。ニヤリとさせられる気持ちのいいラストでした。

 

本作は内田けんじ監督のデビュー作にあたります(自主映画除く)。ミニシアター系の小作品ながら、本当に素晴らしい脚本で大いに楽しませてくれました。

 

最後に

今回は映画『運命じゃない人』の感想でした。その後、内田けんじ監督は『アフタースクール』、『鍵泥棒のメソッド』と、期待をさらに上回る素晴らしい作品を撮っていますので、まだ見ていない方はこちらもぜひご覧下さい!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!!

 

----この映画が好きな人におすすめ----

↓ 内田けんじ監督作品

『運命じゃない人』の鑑賞は見放題作品数No.1のU-NEXTで!