映画『鍵泥棒のメソッド』感想 緻密すぎる脚本が光る痛快コメディ

どうも、Takijiです。

 

今回は内田けんじ監督の第三作、映画『鍵泥棒のメソッド』の感想です!緻密すぎる脚本が光る大傑作の痛快コメディです!

 

 

作品情報

タイトル:鍵泥棒のメソッド

製作年 :2012年

製作国 :日本

監督  :内田けんじ

出演  :堺雅人

     香川照之

     広末涼子

     荒川良々

     森口瑤子

     小野武彦

 上映時間:128分

 

映画『鍵泥棒のメソッド』感想(ネタバレあり)

売れない役者と殺し屋の人生が入れ替わる!?

売れない役者の桜井武史(堺雅人)は自殺を図るも失敗。生活に困窮する中で訪れた銭湯で、たまたま居合わせたのは凄腕の殺し屋コンドウ(香川照之)。コンドウは、そこで足を滑らせて頭を打ち、意識を失い病院に搬送されます。それを見た桜井は、ロッカーの鍵をコンドウのものとすり替えます。

 

コンドウが記憶を失ったのをいいことに、そのままコンドウになりすまし、コンドウのお金や高級マンションを手にする桜井でしたが、コンドウの依頼人であるヤクザの工藤(荒川良々)に関わったことから窮地に陥っていきます。コンドウに好意を持っている婚活中の雑誌編集者水嶋香苗(広末涼子)も巻き込んで、物語は思わぬ方向へ進んでいきます。

 

トリッキーなストーリー展開

本作の魅力は、何と言っても先の読めないトリッキーなストーリー展開!終始わくわくしながら映画を楽しめます。内田けんじ監督の作品は過去作である『運命じゃない人』と『アフタースクール』も同様でしたが、本作でそれを極めたような印象です。

 

対照的な2人の人生が入れ替わるという"起"。桜井はコンドウになりすまして工藤の依頼を引き受けてしまい、記憶を失ったコンドウは真面目に役者として歩み始め、香苗と魅かれ合っていくという"承"。コンドウの記憶が戻り、やがて予想外のコンドウの正体が明らかになる"転"。工藤を出し抜きすべてが丸く収まる"結"。それぞれがあまりに見事に展開していき、見るものを引き付けます。

 

丁寧なキャラクター描写

本作は実に丁寧にキャラクター描写がなされます。主役3人の初登場シーンから、しつこいくらいに彼らの性格が描写され、それがストーリーにしっかりつながっています。

 

最初は香苗の登場シーン。香苗の手帳にびっしりとかかれたメモ、デスクの上をきれいに片づけて卓上掃除機をかける仕草、結婚予定日から逆算した詳細なスケジュールを淡々と発表する様子。これで香苗のキャラクターと置かれた状況がさらりと説明されます

 

続くコンドウの登場シーンでは、音楽に陶酔しながら"標的"を待ち、正確無比な動きで"仕事"をする様子が台詞なしで描かれ、コンドウのキャラクターと生業が説明されます(もちろんこれはミスリード)。

 

最後は桜井の登場シーン。ドサっという音、背中を抑えて苦しむ様子、首にかかったロープ、散らかった部屋、空のタバコ、千円札1枚と小銭しかない財布の中身…。コンドウのシーン同様、台詞なしで描かれるこのシーンでは、桜井のずぼらな性格と、生活に困窮し自殺を考えるほど追い詰められているという状況を表現しています(自殺の理由はミスリード)。映像だけでさらりと表現する、これぞ映画というシーンです。

 

その後も、入れ替わった2人を対比するような描写が面白いです。同じ服を着ても、コンドウはシャツをズボンにインしています。コンドウが桜井の部屋に住むようになると、打って変わって部屋がきれいに片付きます。きれな文字でノートに様々なことを記すコンドウに対し、桜井はへたくそな字で、謝罪の手紙も途中で投げ出し、ビデオでの謝罪に切り替えます。こうした対比が序盤の見どころの1つです。コンドウと香苗が、几帳面な性格同士で魅かれ合っていくというのも面白いですね。

 

巧みに張り巡らされた伏線

本作は、ストーリー展開やキャラクター描写だけでなく、伏線の張り方もあまりにも巧みです。

 

例えば、綾子(森口瑤子)の家で、工藤達を出し抜くシーン。コンセント型の盗聴器、血のりを使った偽装殺人、桜井が見せる迫真のメソッド演技、"最高級のモノ"…。このシーンを構成するすべての要素が、これまでのストーリーの中でしっかりと伏線が張られたものになっている気持ちよさ!これぞ映画のクライマックス!

 

それから、コンドウもとい山崎と香苗が結ばれるラストシーン。桜井と元カノの幸せそうな写真、山崎の記したノート、"キューン"。ここも伏線回収の連続で最高に気持ちいいラストです。

 

山崎はノートに「好きなもの」をいろいろメモしていましたが、全体に大きく×をして、「水嶋香苗」に二重丸をしていました。これは序盤で「必要なもの」としていろいろメモした全体に大きく×をして、「お金」に二重丸をしていたものの反復。これは香苗じゃなくても"キューン"としますわ。また、車のアラーム音は序盤から繰り返し印象付けられていましたが、まさかここで胸の"キューン"とつながるとは!

 

すべての伏線が違和感なく意味のあるシーンで張られているのが実に見事。見るたびに新しい発見があります。こんなに無駄のない脚本が他にあるのかと思うほどです。 

 

最後に

圧倒的によくできた緻密な脚本で、本当に大好きな映画です。内田けんじ監督については、第一作の『運命じゃない人』以来の大ファン。本作以来、作品の発表がないことは本当に残念ですが、10年でも20年でも待ちたいと思います。このクラスの脚本を書き上げるには、それくらいの期間は必要でしょうね。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!!

 

----この映画が好きな人におすすめ----

↓この映画の内田けんじ監督のデビュー作

↓この映画と同様、トリッキーで緻密な脚本