人生をもっと楽しく

人生を楽しむ多趣味サラリーマンが楽しいことを発信するブログ

映画『コン・エアー』解説&感想 ツッコミどころ満載の娯楽大作

【スポンサーリンク】

どうも、たきじです。

 

今回は1997年公開のアメリカ映画『コン・エアー』の解説&感想です。

 

youtu.be

 

作品情報

タイトル:コン・エアー

原題  :Con Air

製作年 :1997年

製作国 :アメリカ

監督  :サイモン・ウェスト

出演  :ニコラス・ケイジ
     ジョン・キューザック
     ジョン・マルコヴィッチ
     スティーヴ・ブシェミ
     ヴィング・レイムス
     ミケルティ・ウィリアムソン
     ダニー・トレホ
     ニック・チンランド
     コルム・ミーニイ
     レイチェル・ティコティン

上映時間:116分

 

解説&感想(ネタバレあり)

中身は薄いけど大衆受けする娯楽大作に定評のあるジェリー・ブラッカイマー製作の本作。彼の製作する他の作品と同様、ツッコミどころも笑って楽しめば、存分に楽しめる娯楽大作に仕上がっています。


物語の設定にリアリズムはありません。あの状況でポー(ニコラス・ケイジ)が7年から10年という実刑を受けるとか、仮釈放のために護送されるポーが、最新の刑務所に移るために護送される極悪の囚人達となぜか相席になるとか、ちょっと強引な気がして笑ってしまいます。囚人達が軒並みキャラが濃いのも。ポーに「まるで漫画だな」なんて言わせてるのがもう確信犯ですね(笑)。


こういう漫画的なところを受け入れさえすれば、あとは何も考えずに楽しむだけ。ストーリー展開はとても面白いです。


飛行機という限られた空間で、ポーがうまく敵を出し抜いていくのは『ダイ・ハード』的な面白さがあります。カーソン・シティで飛行機を降りた看守の体にボイスレコーダーを忍ばせたり、死体にメッセージを書いて飛行機から落としたり、あの手この手で地上に状況を伝えようとするのも面白いです。

 


キャラクターもそれぞれ立っています。


子供に会いたい。でも友は見捨てられない。正義感の強いポーのキャラクターは単純明快です。


糖尿病で苦しむベイビー・オー(ミケルティ・ウィリアムソン)、地上で奔走するラーキン(ジョン・キューザック)、ラーキンと対立するマロイと、適切なキャラクター配置がストーリーをうまく展開させています。


そしてキャラの濃い囚人達(笑)。頭が切れてカリスマ性のある囚人達のリーダー、サイラス(ジョン・マルコヴィッチ)は言わずもがな。強姦魔のジョニー・23(ダニー・トレホ)はトラブルメーカーとして物語をかき乱します。


そして何と言ってもスティーヴ・ブシェミ演じる連続殺人犯のグリーン。存在しなくてもストーリーは成立するキャラクターですが、何かしでかしそうな危なっかしさが映画の味付けになっています。


一方で、オネエの囚人は大した味付けになっていないのと、ドッグ(ヴィング・レイムス)は敵の主要人物の割に見せ場がないのが、ちょっともったいないところです。


さて、本作のアクション的な見せ場はやはりクライマックス、飛行機の不時着からの梯子車とバイクのチェイスでしょう。わざわざ舞台をラスベガスに据えるあたり、狙いすぎで少し笑ってしまいますが、本作はこれでいいのです。ド派手なアクションを素直に楽しめました。


サイラスの最期も随分とツッコミどころを提供してくれていますね(笑)。梯子車で2階の連絡通路みたいなところに激突して、電線で感電して、ベルトコンベアで運ばれて、杭打ち機に頭を粉砕されるという死のピタゴラスイッチ(笑)。いや、連絡通路と電線とベルトコンベアと杭打ち機の位置関係はどうなってるんだと。見てもらうと分かりますが、そうはならんでしょという連鎖が起こります(笑)。うん、まあこれもこれでいいのでしょう。

 

最後に

今回は映画『コン・エアー』の解説&感想でした。漫画的な設定とキャラクターを始め、ツッコミどころ満載ですが、娯楽大作として押さえるところはしっかり押さえていて楽しめる作品でした。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!!

多趣味を活かしていろいろ発信しておりますので、興味のあるカテゴリーがございましたら他の記事ものぞいていただけると嬉しいです!

はてなブログの方は、読者登録もお願いします!

 

↓ 他の映画の解説&感想もぜひご覧ください!

 

----この映画が好きな人におすすめ----

↓ 本作と同じ空気感のある作品

↓ 大傑作アクション映画