人生をもっと楽しく

人生を楽しむ多趣味サラリーマンが楽しいことを発信するブログ

映画『007/ドクター・ノオ』解説&感想 007シリーズの第1作

【スポンサーリンク】

どうも、たきじです。

 

今回は1962年公開の英米合作映画『007/ドクター・ノオ』の解説&感想です。本作は007シリーズの記念すべき第1作。公開当時の邦題『007は殺しの番号』としても知られます。

 

 

作品情報

タイトル:007/ドクター・ノオ

     (別題)007は殺しの番号

原題  :Dr. No

製作年 :1962年

製作国 :イギリス、アメリカ

監督  :テレンス・ヤング

出演  :ショーン・コネリー
     ウルスラ・アンドレス
     ジョセフ・ワイズマン
     ジャック・ロード
     バーナード・リー
     ピーター・バートン
     ロイス・マクスウェル
     アンソニー・ドーソン
     ジョン・キッツミラー
     ゼナ・マーシャル
     ユーニス・ゲイソン

 上映時間:105分

 

解説&感想(ややネタバレあり)

イアン・フレミングによる007シリーズの原作小説は、全12作が出版されています。その中で、本作は第5作にあたる『ドクター・ノオ』を基にした作品です。


映画としては第1作にあたるわけですが、シリーズを象徴する要素は、すでにたっぷりと盛り込まれています。


冒頭、銃口からジェームズ・ボンド(ショーン・コネリー)を覗くショット。ボンドはカメラに向かって銃を撃ちます。いわゆるガンバレルシークエンスですね。そして、それに続く印象的なタイトルバック胸踊るテーマ曲。007シリーズの最近の作品と違って、テーマ曲は劇中も思う存分流れます。


また、本作ではジャマイカが舞台とされているように、007ではボンドがイギリスを飛び出して国際的な舞台で活躍するのが定番です。


そして、ジェームズ・ボンドのキャラクターも確立されています。タキシードスタイル、カジノでのプレイ、「ボンド、ジェームズ・ボンド」、帽子投げ、マティーニの注文、そして片っ端からいい女を抱いていくスタイル(笑)。


巧妙な計画でボンドに立ちはだかる知的な悪役の存在もシリーズの魅力。本作の悪役ドクター・ノオは作品のタイトルにもなっています。


そして、セクシーなボンドガール。本作のメインのボンドガールはウルスラ・アンドレス演じるハニー・ライダー。海から水着で現れるシーンは、あまりに唐突過ぎて、初見時には笑ってしまいましたよ。このシーンは、『007/ダイ・アナザー・デイ』でハル・ベリー演じるボンドガールの登場シーンでオマージュされていましたね。


一方で、Qが提供するユニークなガジェットはまだ登場しません。これは次回作へ持ち越しです。


さて、長々と"007シリーズ"としての話をしてしまいました。やはり本作、作品単体としてはあまり語ることがないんですよね。正直言って、本作の唯一の価値は、大人気シリーズの第1作である点と言わざるを得ません。


見ていて退屈するわけではないのですが、ワクワクもしません。今となってはストーリー構成もアクションも平凡です。ただ、本作が平凡と感じるのは、その後の作品が洗練されていった結果でもあるのですけどね。

 

最後に

今回は映画『007/ドクター・ノオ』の解説&感想でした。作品を重ねながら洗練されてきたシリーズの原点である第1作。それが唯一の価値だとしても、その価値自体は、十分すぎるほどに大きな価値と言えるのかもしれません。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!!

多趣味を活かしていろいろ発信しておりますので、興味のあるカテゴリーがございましたら他の記事ものぞいていただけると嬉しいです!

はてなブログの方は、読者登録もお願いします!

 

↓ 次作の解説&感想はこちら

 

↓ 他の映画の解説&感想もぜひご覧ください!

 

----この映画が好きな人におすすめ----

↓ 人気スパイ映画シリーズ