人生をもっと楽しく

人生を楽しむ多趣味サラリーマンが楽しいことを発信するブログ

映画『007/ロシアより愛をこめて』解説&感想 満足度の高い第2作

【スポンサーリンク】

どうも、たきじです。

 

今回は1963年公開の英米合作映画『007/ロシアより愛をこめて』の解説&感想です。007シリーズとしては、前作『007/ドクター・ノオ』に続く第2作です。公開当時の邦題『007/危機一発』としても知られます。

 

 

↓ 前作の解説&感想はこちら

 

作品情報

タイトル:007/ロシアより愛をこめて

     (別題)007/危機一発

原題  :From Russia with Love

製作年 :1963年

製作国 :イギリス、アメリカ

監督  :テレンス・ヤング

出演  :ショーン・コネリー
     ペドロ・アルメンダリス
     ロッテ・レーニャ
     ロバート・ショウ
     バーナード・リー
     ダニエラ・ビアンキ
     デスモンド・リュウェリン
     ロイス・マクスウェル
     アンソニー・ドーソン

 上映時間:115分

 

解説&感想(ネタバレあり)

前作でドクター・ノオが所属する犯罪組織として名前が登場したスペクターが本作では本格的に登場。後の作品でもジェームズ・ボンド(ショーン・コネリー)が戦うことになるスペクターの内幕も描かれ、組織の構図を垣間見ることができたことで、シリーズとしてのワクワク感が増しています。


そのスペクターからの刺客、グラント(ロバート・ショウ)の存在は、作品に緊張感をもたらしています。それに、ヒロインたるボンドガールのタチアナ(ダニエラ・ビアンキ)も、スペクターに利用されながらボンドに接近するという形で、こちらも緊張感を高めています。ストーリーはシンプルで直線的な構成ながら、このような緊張感や駆け引きの要素が物語を面白くしています。


アクション面でも前作を大幅に上回っています。列車内でのグラントとの戦闘では、催涙ガスを吹き出すアタッシュケースが活躍。前作では登場しなかった、Qの提供するガジェットが本作でついに登場です。


このグラントとの戦闘がクライマックスかと思いきや、その後も映画の盛り上がりは途切れません。追撃してくるヘリコプターとの戦い、ボートでのチェイス、変装して現れたクレブとの戦闘など、いくつもの山場が用意されています。こうした点も作品の満足度を高めてくれます。


最後には、タチアナとの"行為"が撮影されたフィルムを川に投げ捨て、タチアナに情熱的にキスするボンド。フィルムに別れを告げるように、ボンドは手を振ります。セクシーでユーモアに富んだラストシーンでした。


本作のボンドガールのタチアナは本当に魅力的です。美貌や色気に加え、前作のハニー・ライダー(ウルスラ・アンドレス)からは感じられなかった知性も備えています。個人的には歴代のボンドガールの中でもトップクラスに好きですね。

 

最後に

今回は映画『007/ロシアより愛をこめて』の解説&感想でした。ストーリー面でもアクション面でも、前作を大きく上回る第2作でした。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!!

多趣味を活かしていろいろ発信しておりますので、興味のあるカテゴリーがございましたら他の記事ものぞいていただけると嬉しいです!

はてなブログの方は、読者登録もお願いします!

 

↓ 次作の解説&感想はこちら

↓ 他の映画の解説&感想もぜひご覧ください!

 

----この映画が好きな人におすすめ----

↓ 人気スパイ映画シリーズ