ロンドン塔に行ってきた

f:id:takiji05:20200118215244j:plain

f:id:takiji05:20200118215254j:plain

f:id:takiji05:20200118215307j:plain

f:id:takiji05:20200118215317j:plain

 

どうも、Takijiです。

 

11月末に新婚旅行でロンドンとパリに行ってきました!

今回はその中から、ロンドン塔についてです!

 

 

 

ロンドン塔に行ってきた

ロンドン塔について

ロンドン塔は、ロンドンを外敵から守るために、11世紀に建設された中世の城塞です。国王の宮殿としてだけでなく、監獄、処刑場、天文台、動物園など、様々な用途で利用されてきました。

 

日本ではさほど知られていませんが、世界遺産にも登録されている、ロンドン有数の大人気観光地です。

 

現地の様子

ロンドン塔の起源から分かるように、この地はロンドンの中心であり、始まりの地ということになります。この辺りの地域はシティ・オブ・ロンドン、あるいは単にシティ(The City)と呼ばれます。

 

現在では、ロンドン証券取引所や、イギリスの中央銀行であるイングランド銀行があるなど、世界経済の中心地の1つとも言える金融街になっています。

 

ロンドン塔の最寄駅であるタワーヒル駅を出ると、目の前にロンドン塔の光景が広がります。

f:id:takiji05:20200118215346j:plain

 

駅のすぐ近くには、かつてシティ・オブ・ロンドンを取り囲んでいた城壁の跡があります。歴史を感じますね。

f:id:takiji05:20200118215353j:plain

 

数分歩くとロンドン塔に到着。チケットはネットで購入した方が安くなるので、前日に購入しておきました。それでも3000円超と、なかなか高価です。窓口で発券したら入口に向かいます。

f:id:takiji05:20200118215415j:plain

 

立派な城壁が連なっています。こんな光景は、日本ではまずお目にかかれませんね。

f:id:takiji05:20200118215426j:plain

f:id:takiji05:20200118215436j:plain

 

中世の王の部屋を始め、宮殿として使われた様子が再現されています。

f:id:takiji05:20200118215447j:plain

f:id:takiji05:20200118215455j:plain

f:id:takiji05:20200118215503j:plain

f:id:takiji05:20200118215510j:plain

 

城壁の上からはテムズ川とタワーブリッジがよく見えます。

f:id:takiji05:20200118215518j:plain

 

監獄として使われていた部屋には、囚人が彫った文字や図柄が残されています。

f:id:takiji05:20200118215649j:plain

f:id:takiji05:20200118215657j:plain

 

ロンドンを外敵から守るための要塞ですから、武器や防具の展示もたくさんあります。実際に手にとって見られるものもあります。

f:id:takiji05:20200118215707j:plain

f:id:takiji05:20200118215716j:plain

f:id:takiji05:20200118215723j:plain

 

外敵を見張ったり攻撃したりする場所です。

f:id:takiji05:20200118215733j:plain

 

銃を撃つ穴です。日本の城だと狭間(さま)と呼ばれるあれですね。

f:id:takiji05:20200118215744j:plain

f:id:takiji05:20200118215753j:plain

 

ロンドン塔が襲撃されたときの様子をミニチュアで説明したものがあります。

f:id:takiji05:20200118215800j:plain

 

ロンドン塔が動物園として使われていた頃についての展示があります。

f:id:takiji05:20200118215812j:plain

 

こちらの建物はクラウンジュエルといって、王室所有の宝物が保管、展示されています。こちらはロンドン塔で一番人気の場所です。歴代の王の戴冠式で実際に使われた王冠や衣装などを見ることができ、大変充実しています。世界最大級のカットダイヤモンド"カリナン"も見ることができますよ。なお、内部は撮影禁止です。

f:id:takiji05:20200118215840j:plain

 

クラウンジュエルは衛兵が守っています。

f:id:takiji05:20200118215852j:plain

 

ロンドン塔からカラスがいなくなると英国が滅びるという言い伝えから、ロンドン塔ではワタリガラスが飼育されており、象徴的な存在になっています。

f:id:takiji05:20200118215920j:plain

f:id:takiji05:20200118215928j:plain

 

ロンドン塔の中央にあるのがホワイト・タワー。

f:id:takiji05:20200118215938j:plain

 

ホワイト・タワーの中には武器や防具が展示されています。

f:id:takiji05:20200118215950j:plain

f:id:takiji05:20200118220045j:plain

 

日本の戦国時代の甲冑もあります。

f:id:takiji05:20200118220059j:plain

 

武器や防具で作られたドラゴンが展示されています。

f:id:takiji05:20200118220112j:plain

 

大砲も。

f:id:takiji05:20200118220131j:plain

 

こちらは羽の生えたライオンの像。

f:id:takiji05:20200118220143j:plain

 

ロンドン塔には、処刑場として使われた歴史もあります。こちらは、処刑された人物に関する展示です。

f:id:takiji05:20200118220152j:plain

 

処刑場だった場所には、ガラスのモニュメントが置かれています。

f:id:takiji05:20200118220202j:plain

 

おぞましい拷問器具の展示もあります。

f:id:takiji05:20200118220211j:plain

 

ロンドン塔の城壁の中は、ちょっとした街のように様々な建物が並んでいるので、お散歩気分で散策できます。

f:id:takiji05:20200118220222j:plain

f:id:takiji05:20200118220233j:plain

f:id:takiji05:20200118220300j:plain

f:id:takiji05:20200118220316j:plain

f:id:takiji05:20200118220447j:plain

f:id:takiji05:20200118220457j:plain

f:id:takiji05:20200118220506j:plain

 

ロンドン塔の周りには、タワーブリッジ以外にも有名な観光地があるので、合わせて散策するのもいいと思います。

f:id:takiji05:20200118220516j:plain

 

こちらはザ・シャードという高層ビル。高さ310mで、2013年に開業しました。展望台もあります。

f:id:takiji05:20200118220524j:plain

 

ザ・シャードの近くには巡洋艦ベルファストが展示されています。

f:id:takiji05:20200118220533j:plain

 

最後に

ロンドンの歴史を濃縮したような、充実の観光名所でした!3000円超のチケットを購入する価値は充分にあると思います。ロンドンを訪れるなら外せない場所ですよ!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。