人生をもっと楽しく

人生を楽しむ多趣味サラリーマンが楽しいことを発信するブログ

映画『ドライヴ』感想 スタイリッシュな映像に酔えるか

【スポンサーリンク】

どうも、たきじです。

 

今回はライアン・ゴズリング主演のクライムサスペンス映画『ドライヴ』の感想です。カンヌ映画祭では、ニコラス・ウィンディング・レフン監督が監督賞を受賞しています。

 

作品情報

タイトル:ドライヴ

原題  :Drive

製作年 :2011年

製作国 :アメリカ

監督  :ニコラス・ウィンディング・レフン

出演  :ライアン・ゴズリング

     キャリー・マリガン

     ブライアン・クランストン

     クリスティーナ・ヘンドリックス

     ロン・パールマン

     オスカー・アイザック

     アルバート・ブルックス

 上映時間:100分

 

『ドライヴ』の鑑賞は見放題作品数No.1のU-NEXTで!

感想(ネタバレあり)

ライアン・ゴズリング演じる主人公は、感情をあまり表に出さず、多くを語りません。そんな彼を軸とした淡々としたストーリー展開、泥沼の殺し合いに突き進んでいく閉塞感、洗練されたスタイリッシュな(悪く言えば気取った)映像など、ノワール風の雰囲気を持った作品です。


こうした作品全体に漂う雰囲気に酔えるかどうかで、本作に対する評価は変わるでしょう。

 

というのも、本作の脚本は、特に意外性もなければ、ドラマに深みがあるわけでもなく、ストーリーに関して後に残るものは何もありません。そういう意味では、私にはあまりハマらなかったというのが正直なところです。

 

とは言っても、つまらなかった訳ではなく、それなりにドキドキしながら映画を観ることはできました。


印象深いのは、静と動のコントラストの効いた演出。静寂の中に突然の銃声とか、スローモーションのキスシーンの直後の激しいバイオレンスとか、強烈なコントラストです。


考えてみれば、淡々と落ち着いたトーンでストーリーが進行する前半に対し、後半はバイオレンス描写の連続です(意外とバイオレンスの描写は生々しいです)。これも作品通しての、静と動の演出と言えるでしょう。

 

最後に

今回は映画『ドライヴ』の感想でした。私にはあまりハマりませんでしたが、評判の高い作品ではありますので、雰囲気重視でノワール風のクライムサスペンスを楽しみたい方は、ぜひご覧下さい。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!!

 

↓ 他の映画の解説&感想もぜひご覧ください!

『ドライヴ』の鑑賞は見放題作品数No.1のU-NEXTで!