サント・シャペルに行ってきた

f:id:takiji05:20200512215404j:plain

f:id:takiji05:20200512215413j:plain

 

どうも、Takijiです。

 

昨年11月末に新婚旅行でロンドンとパリに行ってきました!

今回はその中から、サント・シャペルについてです!

 

 

 

サント・シャペルに行ってきた

サント・シャペルについて

サント・シャペル (Sainte Chapelle)は、パリ中心部、セーヌ川の中洲であるシテ島にある教会堂です。名前は英語にすると、セイント・チャペル。すなわち"聖なる礼拝堂"というそのままの名前です。

 

13世紀半ばに建築され、精巧なステンドグラスを含め、美しい姿を現在に残しています。世界文化遺産に登録されている『パリのセーヌ河岸』の対象の1つです。

 

現地の様子

敷地内に入る前に手荷物検査があります(少し行列になっていました)。列に並んで手荷物検査を済ませてサント・シャペルの敷地内に入ります。

f:id:takiji05:20200512215420j:plain

 

チケットは持っていなかったので、建物入口の窓口で購入しました。入場は16時半までで、時間ギリギリでした。私達の後ろで入口の柵が閉じられていました。

f:id:takiji05:20200512215435j:plain

f:id:takiji05:20200512215442j:plain

 

中に入ると、1階はこんな感じ。時間ギリギリなので、人は少なめでしょうか。

f:id:takiji05:20200512215448j:plain

 

天井のアーチが美しいです。

f:id:takiji05:20200512215453j:plain

 

ステンドグラスも輝きます。

f:id:takiji05:20200512215501j:plain

 

サント・シャペルの建設を命じたルイ9世の像です。

f:id:takiji05:20200512215509j:plain

 

1階をさらっと見物し、2階へ。一気に別世界になります!

f:id:takiji05:20200512215515j:plain

 

日暮れ前とはいえ、外の光によって輝くステンドグラスの美しいこと!

f:id:takiji05:20200512215524j:plain

 

この精巧な細工と色使い!すばらしいですね!

f:id:takiji05:20200512215532j:plain

 

天井は1階と同様にアーチ状になっています。

f:id:takiji05:20200512215538j:plain

 

こちらは正面側。

f:id:takiji05:20200512215546j:plain

 

こちらは背面側。

f:id:takiji05:20200512215552j:plain

 

背面側のステンドグラスもまた、精巧に作られています。

f:id:takiji05:20200512215558j:plain

 

お客さんはこんな感じ。入口は閉まったのでお客さんは減る一方。ゆっくり写真撮影もできました。光の差込みは、もっと早い時間の方がいいのかもしれません。

f:id:takiji05:20200512215604j:plain

 

17時数分前に照明が落とされて外に出されました。その辺は日本と違ってアバウトですね。

 

ステンドグラスを外から見るとこんな感じ。光がないので真っ黒です。これだけきれいなステンドグラスですから、夜は中に光を灯して、外から見るというのもいいかもしれませんね。

f:id:takiji05:20200512215612j:plain

 

最後に

サント・シャペルのことは、今回旅行に来て初めて知ったのですが、本当に来て良かったです。とても美しい空間でしたし、写真映えもするので、パリ旅行の際はぜひ訪れてほしい、おすすめの場所の1つです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。