ミントセット買ってみた

【スポンサーリンク】

f:id:takiji05:20201215222414j:plain

 

どうも、Takijiです。

 

造幣局が毎年販売しているミントセットを購入したので、今回はこちらの紹介です。

 

基本情報

商品名 :令和2年銘ミントセット

価格  :2,037円(送料込み)

     ※造幣局オンラインショップ 

 

商品紹介

ミントセットとは、造幣局が発行している硬貨のセットのことです。"ミント(mint)"には、貨幣の鋳造や、造幣局といった意味があります。日本の造幣局では、1円から500円までの6枚の硬貨と、製造年を刻んだ丹銅製のメダル1枚をセットにしたものを毎年販売しています。

 

外装には硬貨6枚がカラーでデザインされています。

f:id:takiji05:20201215222505j:plain

f:id:takiji05:20201215222509j:plain

 

開けると、各硬貨の仕様が書かれていました。

f:id:takiji05:20201215222540j:plain

 

500円玉が現在のものに変わってから、もう20年になるんですね。500円玉は来年また変わるようです。

f:id:takiji05:20201215222545j:plain

 

中身がこちら。


表面です。なんとなく、アラビア数字で額面が記された方が表と思いがちですが、図柄メインのこちら側が表です。

f:id:takiji05:20201215222602j:plain

 

中央のメダルには十二支のネズミが描かれています。

f:id:takiji05:20201215222618j:plain

 

裏面です。こちらにはアラビア数字の額面と、製造年である"令和二年"が記されています。

f:id:takiji05:20201215222628j:plain


中央のメダルには"2020"と共に、干支の"庚子(かのえね)"が刻まれています。

f:id:takiji05:20201215222639j:plain

 

干支というと、子・丑・寅…という、十二支を指すものと思われている方も多いですが、干支とは、文字を見ると分かるように"十干""十二支"を組み合わせたものです。


十干は、

甲・乙・丙・丁・戊・己・・辛・壬・癸

 

十二支は、

・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥


を指します。2020年は十干が""、十二支が""なので、干支は"庚子"というわけです。


ちなみに、干支は10と12の最小公倍数で60通り存在するので、60年で一周します。60歳が還暦と呼ばれるのはそのためです。

 

最後に

今回ミントセットを購入したのは、今年子供が生まれた記念としてです。将来、子供にあげようと思っています。自分の生まれ年のミントセット、自分ならあれば嬉しいかなと。子供がどう思うかは分かりませんが、しばらくは大切に保管しておきたいと思います。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!!