42ndロイヤルハイランドのローファー買ってみた

f:id:takiji05:20190809234806j:plain

どうも、Takijiです。

 

日本の靴メーカー、42ndロイヤルハイランドのローファーを購入したので、今回はそちらのレビューになります!

 

 

42ndロイヤルハイランドのローファー買ってみた

42ndロイヤルハイランドについて

42ndロイヤルハイランドは日本の靴メーカーで、1983年創業と、靴メーカーとしてはまだ若いメーカーです。

 

様々なセレクトショップやファッションブランドの靴をOEM生産する他、オリジナルの靴づくりも手掛け、代官山と銀座に直営店を構えています。

 

購入した靴

CH9001-11

f:id:takiji05:20190809234813j:plain

価格         : ¥31,860(税込)

ブランド :42ND ROYAL HIGHLAND

色             : ダークブラウン

アッパー :レザー

ソール  :ラバー(ビブラムソール)

 

外観

f:id:takiji05:20190809234834j:plain

f:id:takiji05:20190809234844j:plain

f:id:takiji05:20190809234850j:plain

f:id:takiji05:20190809234859j:plain

f:id:takiji05:20190809234916j:plain

f:id:takiji05:20190809234931j:plain

 

レビュー(3ヶ月履いた感想)

デザイン

夏はローカットソックスにローファーのスタイルが多いのですが、今回初めてコインローファーを購入しました。

 

コインローファーというと、個人的には高校生がよく履いているというイメージでした。が、こちらのコインローファーはその手のものとは一線を画すデザインで一目惚れしました。

 

全体的にとてもシャープなシルエット。特にトウにかけてのシャープさ。かといってロングノーズになり過ぎないところも好みでした。

 

3万円クラスの靴としては革質も悪くないですし、やや高いヒールもスタイリッシュなイメージを作り上げています。

 

写真はホワイトバランスがうまくいっていないのか、やや黒っぽく写ってしまいましたが、様々なファッションに合わせやすいダークブラウンのカラーです。

 

使用感

ローファーは紐で調整できない分、サイズ感に関しては紐靴よりもシビアです。かかとが抜けないように、ややきついくらいのサイズ感がいいでしょう。

 

私は実測で25cm前半の足長、スコッチグレインのオデッサで25.5cmを履いていますが、こちらの靴は7(25.5〜26.0cm)で、足長はちょうど。しかし、やや甲が窮屈な印象でした。まあ、グッドイヤーウェルト製法ですので、履くうちに中敷のコルクが沈んでその辺は改善が見込めるので、このサイズで迷わず購入しました。

 

週一ペースで数回履くうちは、部分的に靴擦れしましたが、次第に履き慣らされて靴擦れはなくなりました。まだ、長時間履くと甲が痛くなってきますが、特別問題があるほどではなく、歩きやすい靴だと思います。

 

まとめ

初めて本格革靴のローファーを購入しましたが、なかなかのお気に入りになりました。ラバーソールですので急な雨でも心配がなく、夏の日の休日の主力になっていますし、仕事でもたまに履いています。

 

グッドイヤーウェルト製法の靴ですので、修理しながら長く履いていきたいと思っています。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!