人生をもっと楽しく

人生を楽しむ多趣味サラリーマンが楽しいことを発信するブログ

Toffyの電気ケトル、ドリップケトルK-KT2買ってみた

【スポンサーリンク】

f:id:takiji05:20201228205809j:plain

 

どうも、Takijiです。

 

Toffy(トフィー)の電気ケトル、ドリップケトルK-KT2を購入したので、今回はこちらの商品レビューになります。トフィーは、ラドンナ社が展開する日本のブランドで、おしゃれなキッチン家電が人気です。

 

↓ 関連記事はこちら

 

商品情報

商品名 :Toffy ドリップケトル

型名  :K-KT2

カラー :グレージュ

メーカー:ラドンナ

ブランド:トフィー(Toffy)

生産国 :中国

電源  :AC100V 50/60Hz

消費電力:900W

容量  :800ml

 

 

f:id:takiji05:20201228205842j:plain

外箱もしゃれています。

 

f:id:takiji05:20201228205903j:plain

こちらが商品の外観。レトロなデザインが素敵です。

 

f:id:takiji05:20201228205906j:plain

"TOFFY"の銘板が付いています。

 

f:id:takiji05:20201228205909j:plain

容量は800ml。

 

f:id:takiji05:20201228205912j:plain

給電スタンドに乗せるとこんな感じ。

 

f:id:takiji05:20201228205916j:plain

湯沸かしのスイッチは取っ手の下にあります。

 

f:id:takiji05:20201228205921j:plain

底部にある通電ランプが消えたら湯沸かし完了です。

 

f:id:takiji05:20201228205927j:plain

冷水をMAX800ml入れても5分程度で沸き上がります。

 

感想

気に入ったところ

①おしゃれなデザイン

電気ケトルは各製品で性能や機能にさほど差が無いので、デザイン重視で選択するのもありだと思います。この商品の一番の魅力は、やはりこのデザイン。シンプルでレトロな雰囲気が気に入っています。


色はこのグレージュ(グレーとベージュの中間色)の他に、リッチブラック(黒)、アンティークレッド(赤)、スレートグリーン(くすんだ緑)の4色展開。スレートグリーンはレトロな雰囲気が際立ったいい色で目を引きましたが、最終的には他のキッチンアイテムとの調和を考慮してグレージュにしました。


②湯沸かしスピード

電気ケトルの湯沸かしのスピードは出力(≒消費電力)で決まります。この商品は900Wということで出力も十分。あまり高すぎるとブレーカーが落ちてしまうリスクが高まるので、これくらいがちょうどいいかな。


冬の冷たい水道水を最大容量800ml入れて沸かしてみましたが、約5分で沸き上がりました。例えばコーヒー2杯だと300ml程度なので、その半分以下の時間で沸き上げることができます。

 

惜しいところ

断熱されていない

惜しいところを挙げるとすれば、ボディが断熱されていないことでしょうか。沸き上がった後にボディに触れると熱いですし、そのまま置いておくとすぐに冷めます。


上に述べた通り、私はデザイン重視でこの商品を選んだため、初めから断熱性は求めていませんでしたが、断熱性(=安全性、保温性)を求める方には、この商品はおすすめしません。

 

最後に

今回は、Toffy(トフィー)の電気ケトル、ドリップケトルK-KT2の商品レビューでした。ちょっと紅茶を一杯、コーヒーを一杯という場合も、今まではいちいちヤカンでお湯を沸かしていたので、随分と便利になりました。手軽に使いやすく重宝しています。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!!