ホース・ガーズ(ロンドン)に行ってきた

f:id:takiji05:20200218173000j:plain

f:id:takiji05:20200218173007j:plain

 

どうも、Takijiです。

 

昨年11月末に新婚旅行でロンドンとパリに行ってきました!

今回はその中から、ホースガーズについてです!

 

 

 

ホース・ガーズに行ってきた

ホース・ガーズについて

ホース・ガーズは、18世紀に建てられたパラディオ様式の建物です。王室騎兵隊の本部があり、衛兵の詰所になっています。

 

現地の様子

ホースガーズは、馬に乗った衛兵に警備されています。

f:id:takiji05:20200218173016j:plain

 

衛兵と写真を撮ることができます。もちろん彼らは記念写真のためにいるのではなく、衛兵としての任務中です。

f:id:takiji05:20200218173055j:plain

 

正面の門のところには、直立不動で警備する衛兵がいました。サーベルを持っています。横を通るのは少し怖い…

f:id:takiji05:20200218173103j:plain

 

裏側にある広場から見たホース・ガーズ。この広場はホース・ガーズ・パレードと呼ばれ、様々な儀式が行われるそうです。ロンドンオリンピックでは、ここにビーチバレー競技会場が組まれました。

f:id:takiji05:20200218173111j:plain

 

衛兵の交代式では、騎兵隊がずらりと並びます。とても凛々しく、かっこいいです。

f:id:takiji05:20200218173127j:plain

 

赤いのがライブガーズ、黒いのがブルーズ・アンド・ロイヤルズという連隊です。

f:id:takiji05:20200218173139j:plain

f:id:takiji05:20200218173148j:plain

f:id:takiji05:20200218173201j:plain

 

建物はパラディオ建築と呼ばれる建築様式です。

f:id:takiji05:20200218173207j:plain

f:id:takiji05:20200218173214j:plain

 

ついでに周辺の散策。ホース・ガーズ・ロードを挟んで反対側はセント・ジェームズ・パークがあります。

f:id:takiji05:20200218173221j:plain

 

キング・チャールズ・ストリートの入口には、ロバート・クライヴの像があります。軍人として、英国によるインド支配の礎を築いたということですが、あまり馴染みがないですね。

f:id:takiji05:20200218173234j:plain

 

こちらは首相官邸。物々しい警備です。

f:id:takiji05:20200218173240j:plain

 

トラファルガー広場から南に伸びる大通り、ホワイトホールには、アール・ヘイグの像があります。第一次世界大戦で活躍した軍人ですが、こちらもあまり馴染みがありません。

f:id:takiji05:20200218173249j:plain

 

最後に

馬に乗った衛兵を間近に見ることができて興奮してしまいました。バッキンガム宮殿のように混雑せずに、交代式を見ることもできるので、少し立ち寄るのにはいい場所かと思います。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。