浜離宮恩賜庭園に行ってきた

 

f:id:takiji05:20190615230732j:plain

f:id:takiji05:20190615230740j:plain

 

どうも、Takijiです。

 

6月初旬、浜離宮恩賜庭園に行ってきました!

 

 

浜離宮恩賜庭園に行ってきた 

浜離宮恩賜庭園について

 ”離宮”とは、皇室の別邸を意味し、”恩賜”とは天皇から賜ったものを意味します。したがって、「”浜離宮”という名の皇室の別邸だったものを天皇から賜った庭園」という意味になります。

 

もとは徳川将軍家の別邸の庭園で、十一代将軍家斉の時代に現在の姿の庭園が完成しました。明治になってから皇室の別邸になり、"浜離宮"の名前になりました。その後、昭和20年(1945年)に、東京都に下賜され、翌年から一般公開されました。国の特別名勝及び特別史跡に指定されています。

 

園内の風景 

浜離宮は海を埋め立てて造られており、四方を水で囲われています。南東面は東京湾、南西面は汐留川、北東面は築地川、北西面は堀になっています。

 

庭園の入口は中の御門と大手門の2か所があります。今回は中の御門から入りました。中の御門橋を通って北西面の堀を渡ります。

f:id:takiji05:20190615230800j:plain

 

入園料(大人300円)を払って園内に入ると、目の前に緑が広がります。

f:id:takiji05:20190615230806j:plain

 

新緑のソメイヨシノ。

f:id:takiji05:20190615230820j:plain

 

ハナショウブが見ごろです。

f:id:takiji05:20190615230830j:plain

 

松の木が伸びる野外卓広場。

f:id:takiji05:20190615230839j:plain

 

鴨猟を行う"鴨場"は全国で5か所にしか残っていないそうです。そのうちの1か所である浜離宮庭園には2つの鴨場が残っています。大きな池と繋がった細い堀(引堀)に、囮のアヒルや餌によって獲物の水鳥をおびき寄せ、鷹や網で捕まえます。

 

引堀。水鳥が飛来する大きな池と繋がっています。

f:id:takiji05:20190615230856j:plain

 

 

小覗。ここで音を鳴らして、飼いならした囮のアヒルを呼ぶとともに、つられてくる水鳥の様子を隠れて確認します。

f:id:takiji05:20190615230846j:plain

 

獲物を供養する塚もありました。

f:id:takiji05:20190615230903j:plain

 

馬場跡。

f:id:takiji05:20190615230913j:plain

 

池の前に出ると目の前が開けます。この大きな池は、東京湾から海水を引き入れた"潮入の池"です(鴨場の池とは別です)。

f:id:takiji05:20190615230926j:plain

f:id:takiji05:20190615230945j:plain

f:id:takiji05:20190615231153j:plain

 

富士見山から。なかなかいい眺めです。f:id:takiji05:20190615231217j:plain

 

庭園の南西面。東京湾に面しています。

f:id:takiji05:20190615231228j:plain

 

海手お伝い橋。

f:id:takiji05:20190615231246j:plain

 

アジサイがきれいに咲いています。

f:id:takiji05:20190615231351j:plain

 

向こうに東京タワーが見えます。

f:id:takiji05:20190615231359j:plain

 

先ほどのとは別の、もう一つの鴨場があります。

f:id:takiji05:20190615231427j:plain

 

水門。東京湾の潮の干満に従って開閉し、池の水の出入りを調整しています。

f:id:takiji05:20190615231456j:plain

 

新樋の口山。

 

f:id:takiji05:20190615231556j:plain

 

将軍お上がり場。将軍が船に乗降する場所でした。

f:id:takiji05:20190615231622j:plain

 

鳩がいっぱい。苦手だな…。

f:id:takiji05:20190615231736j:plain

 

水上バスの発着場があります。浅草や日の出桟橋と水上ルートで結ばれています。

f:id:takiji05:20190615231746j:plain

 

庭園内に旧稲生神社があります。

f:id:takiji05:20190615232341j:plain

 

梅の実がたわわに実っています。

f:id:takiji05:20190615232402j:plain

 

この黄色い実はなんでしょうか?たくさん落ちています。すごい鳥が来そう…

f:id:takiji05:20190615232410j:plain

f:id:takiji05:20190615232418j:plain

 

内堀があります。

f:id:takiji05:20190615232701j:plain

 

こちらは三百年の松。かなり立派な、歴史ある松の木です。六代将軍家宣の頃に植えられたと言われているそうです。

f:id:takiji05:20190615232707j:plain

 

かつてはここに延遼館という迎賓館がありました。南北戦争の北軍を率いたグラント将軍も滞在したそうです。明治時代のうちに、老朽化のため解体されました。

f:id:takiji05:20190615232722j:plain

 

最後に

10年ほど前に桜の時期に訪れたことはありましたが、季節が変わればがらりと印象が変わるのが日本庭園の魅力。今回もとても楽しめました!

 

お隣の旧芝離宮恩賜庭園に比べて広い庭園です。今回は時間の都合で1時間半ほどの滞在でしたが、時間が許せばもう少しゆっくりしたかったですね。

 

最後まで読んでくださった方、ありがとうございました!