ユーロスターに乗ってきた

f:id:takiji05:20200426112611j:plain

f:id:takiji05:20200426112618j:plain

 

どうも、Takijiです。

 

昨年11月末に新婚旅行でロンドンとパリに行ってきました!

今回はその中から、ロンドンからパリへの移動に使ったユーロスターについてです!

 

 

 

ユーロスターに乗ってきた

ユーロスターについて

ユーロスターは1994年に開業した高速列車です。イギリスとフランス、ベルギー、オランダを結んでいます。イギリス-フランス間はドーバー海峡の海底トンネルを走ります。

 

現地の様子

ユーロスターのターミナル駅になっているのはセント・パンクラス駅。1868年開業の歴史ある駅です。地下鉄でアクセスしましたが、この駅舎を見たかったので、いったん外に出ました。

f:id:takiji05:20200426112639j:plain

 

ちなみに、セント・パンクラス駅に隣接するキングス・クロス駅も、ロンドンの主要鉄道のターミナル駅で、こちらは1852年の開業です。『ハリー・ポッター』シリーズではホグワーツ特急の始発駅になっています。9と3/4番線ですね。なお、映画では、外観はセント・パンクラス駅の方が使われているそうです。

f:id:takiji05:20200426112649j:plain

 

さて、セント・パンクラス駅に戻ります。構内にあるスーパーで、昼食とお土産を購入します。こちらの駅では、日本の鉄道駅のように、"土産物屋"然としたお店はあまり多くはありませんが、構内にあるお店にはそれなりにお土産になりそうなものが売られています。私は、ロンドンの2階建てバスやタクシーなどのミニカーや、ショートブレッドやトフィーなどのお菓子を購入しました。


次に乗車の手続きへ。自動チェックイン機でチケットを発券し、出国の手続きに向かいます。この時のイギリスはEU離脱前ですが、そもそもイギリスはシェンゲン協定に加盟していないので、国境を自由に行き来することはできないのです。飛行機に乗るときのように、荷物の検査と出国の手続きを行ってゲートを通過します。

f:id:takiji05:20200426112656j:plain


ゲート通過後、ちょっとした土産物屋さんがあったので、お土産を追加購入しつつ発車時刻を待ちます。

f:id:takiji05:20200426145748j:plain


時間が近づいてきたのでホーム階へ上がります。写真右側に停車しているのが今回乗車する列車です。新幹線の方がかっこいいかな?

f:id:takiji05:20200426145755j:plain


車内には、新幹線と違ってスーツケースを置くスペースがまとまって用意されています。鍵などはありませんので、心配ならチェーンロックを用意した方がいいと思います(誰もしていませんでしたが)。


いよいよ発車。ロンドンからパリまで、2時間強の列車の旅です。座席はスタンダードなクラスでしたが、新幹線に比べてかなり窮屈です。


先ほど購入したサンドイッチで昼食。美味しいです。イギリスは料理が不味いとよく言われますが、このサンドイッチに限らず、いただく物がいちいち美味しかったです。

f:id:takiji05:20200426145841j:plain


その後、ドーバー海峡のトンネルに入ったあたりから睡眠に入り、気がついたらパリにいました(笑)

 

最後に

今回はユーロスターについてでした。私は鉄道マニアでもなんでもないですが、高速鉄道としては、新幹線のほうが広くて綺麗で、圧倒的に快適ですね。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。