ダイソンのヘアスタイラー、エアラップ買ってみた

【スポンサーリンク】

f:id:takiji05:20201228102801j:plain

 

どうも、Takijiです。

 

ダイソンのヘアスタイラー、エアラップを購入したので、今回はこちらの商品レビューになります。

 

↓ 関連記事はこちら

 

商品情報

商品名 :エアラップ(Airwrap)

型名  :HS01VNSFN

メーカー:ダイソン(Dyson)

付属品 :プレスタイリングドライヤー

     30mm Airwrap™カーラー(内巻き/外巻き)

     40mm Airwrap™カーラー(内巻き/外巻き)

     スムージングブラシ(ソフト)

     フィルタークリーニングブラシ

     収納ボックス

     収納バッグ

 

梱包状態。

f:id:takiji05:20201228103346j:plain

 

アタッチメントは6つ。一番左がプレスタイリングドライヤー、次がストレートブロー用のスムージングブラシ、右の4つがカーラーです。カーラーは、小さめのカール用の30mmのものと、大きめのカール用の40mmのものの2サイズで、それぞれ内巻き用、外巻き用が用意されています。
f:id:takiji05:20201228103358j:plain

 

プレスタイリングドライヤーを装着した状態です。

f:id:takiji05:20201228103402j:plain

 

先端を取り換えて使います。

f:id:takiji05:20201228103405j:plain

 

吸い込み口は2重のフィルターで保護されています。

f:id:takiji05:20201228103411j:plain

 

フィルタークリーニングブラシが付属されています。

f:id:takiji05:20201228103415j:plain

 

高級感のある付属の収納ボックス。

f:id:takiji05:20201228103427j:plain

f:id:takiji05:20201228103429j:plain

f:id:takiji05:20201228103432j:plain

f:id:takiji05:20201228103436j:plain

 

収納バッグも付属されていました。

f:id:takiji05:20201228103439j:plain

 

感想

気に入ったところ

①豊富なアタッチメントで1台3役

アタッチメントを交換する事でドライ、カール、ストレートブローの3つの役割を果たします。私自身は髪が短いので、ドライしか使用しませんが、奥さんはカールにストレートブローにと、活用しています。これがあればヘアアイロンの代用になるので、とても重宝しています。


コアンダ効果によって発生する気流によって、ブラシやカーラーに髪が吸い付くように引き寄せられるので、スタイリングも簡単です。

 

ドライの他、2種類のカール、ストレートブローも簡単に。

f:id:takiji05:20201228103352j:plain

 

②髪を傷めずに速く乾かす

ドライヤーとしても性能は十分。風量は特別高いわけではないものの、吹き出し口の面積が小さい分、風速が速く、髪が乾くのは速いです。毎秒40回以上も風温を測定し、150℃を超えないように制御しているということで、髪への過度な熱ダメージを与えないこともポイントです。

 

ここから大風量が吹き出されます。

f:id:takiji05:20201228105046j:plain


③ ワンタッチで冷風

個人的に重宝しているのが、ワンタッチで冷風に切り替えられる機能。髪の毛は熱によって内部の水素結合が切れる事で形状を変えますが、それを冷やすことによって再び結合し、形状が固定されます。そのためスタイリングには冷風が欠かせません。


前に使っていたドライヤーは、スイッチが、切→冷→温(弱)→温(強)、となっていて、スイッチをカチカチと切り替えないと温風と冷風を切り替えられませんでした。また、強の温風と冷風を切り替えようとすると、2段階切り替えないといけないので、それも非常にやりづらかったです。


一方こちらのスタイラーは、グリップを握った時に親指のところにあるスイッチを押し上げている間だけ冷風が出て、離すとスイッチが戻って温風が出るという切り替え方ができます。小さな事ですけど、これがとても使いやすくて気に入ってます。


真ん中がオン/オフスイッチ(+冷風切替)で、上まで押し上げている間だけ冷風が出ます。左が風量スイッチで、3段階に切り替えられます。右が風の温度切替スイッチで、これを一番下にしておけば、ずっと冷風を出すこともできます。

f:id:takiji05:20201228103408j:plain


④故障しにくい

どんな家電製品も、絶対に壊れないなんてことはないと思いますが、こちらのスタイラーは故障しにくい製品だと言えると思います。私がこの製品を購入して約1年になりますが、なんで1年しか使っていないのに故障しにくいなんて言えるのか?それは、このようなスタイラーやドライヤーのよくある故障原因に対して、しっかり対策されているからです。


私が以前使っていたドライヤーは、電源コードが根本(本体から出ているところ)で断線し、火花を散らして壊れました。その前に使っていたドライヤーは、使っている時に頻繁にブレーカーが落ちるようになったので処分しました(電源コードの断線や、内部へのホコリの侵入に起因するショートが原因と思われます)。


それに対してこの製品は、まず、電源コードの被覆がとても頑丈に作られています。とても太い被覆で保護されていることに加え、ストレスのかかりやすい本体の根本部分はさらに保護されています。これならそう簡単には断線しないでしょう。

 

太い被覆で保護された電源コードは2.7mと長さも十分。

f:id:takiji05:20201228103420j:plain

 

根本はさらにしっかり保護されています。

f:id:takiji05:20201228103423j:plain


また、空気の吸込口は二重のフィルターで保護されており、フィルターの掃除をするためのブラシまで付属されています。これならお手入れも簡単です。気がついたら掃除していますが、結構なホコリが詰まっています。これまでのドライヤーは、これだけのホコリを何年も吸い込んでいたと考えると、壊れても無理はないなと思います。

 

付属のブラシで簡単にホコリを除去できます。

f:id:takiji05:20201228103416j:plain

 

惜しいところ

価格が高価

商品のスペックに対する不満は何もありませんが、強いて挙げるとすれば、約6万円という価格でしょうか。購入するにはなかなか勇気のいる価格です。とはいえ、上に書いた通り商品自体は素晴らしいものですので、後悔は全くありません。


正直、付属の収納ボックスとか収納バッグとかは無くていいので、少し値段を下げて欲しいですけど…

 

最後に

今回は、ダイソンのヘアスタイラー、エアラップの商品レビューでした。値段が高いですが、買ってみる価値のある商品だと思います。簡単に、ダメージを抑え、短時間でスタイリングをしたい方はぜひご検討下さい!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!!