人生をもっと楽しく

人生を楽しむ多趣味サラリーマンが楽しいことを発信するブログ

映画『博士の異常な愛情』感想 キューブリックによるブラックコメディの傑作

【スポンサーリンク】

どうも、たきじです。

 

今回は映画『博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか』の感想です。

 

本作は、スタンリー・キューブリック監督によるブラックコメディの傑作。長いタイトルですが、通称は『博士の異常な愛情』(原題ベースだと『Dr. Strangelove』)。"Dr. Strangelove"は本作に出てくるキャラクター"ストレンジラヴ博士"のことですから、この邦題は、訳としてはおかしいですね。

 

作品情報

タイトル:博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか

原題  :Dr. Strangelove or: How I Learned to Stop Worrying and Love the Bomb

製作年 :1964年

製作国 :イギリス

監督  :スタンリー・キューブリック

出演  :ピーター・セラーズ

     ジョージ・C・スコット

     スターリング・ヘイドン

     スリム・ピケンズ

 上映時間:93分

 

『博士の異常な愛情』の鑑賞は見放題作品数No.1のU-NEXTで!

感想(ネタバレあり)

本作は、1人の司令官の暴走によって核戦争へと突き進んでいくというスリリングな物語。それを、ブラックなユーモアを交えて描き、人間の狂気をあぶり出しています。その巧みさはキューブリック監督ならではです。


当時は米ソ冷戦の真っ只中。キューバ危機も経験し、偶発的な核戦争の勃発が、極めて現実的だった時代です。当時の人は、鋭い風刺の効いたコメディに笑いつつも、ゾッとしたのではないでしょうか。


本作の登場人物は、すべての元凶となったリッパー将軍(スターリング・ヘイドン)のみならず、タージドソン将軍(ジョージ・C・スコット)やストレンジラヴ博士(ピーター・セラーズ)、パイロットのコング少佐(スリム・ピケンズ)に至るまで、多くが狂気を持ち合わせています


リッパー将軍は、極端な反共による妄想に取り憑かれています。水道水へのフッ素の添加は、アメリカ人の体液を汚染するためのソ連の陰謀だとか、性愛行為によって異常な疲労を味わったのは、女に"エッセンス"を奪われたからだとか、異常な思考に終始しています(この"エッセンス"ってなかなかのパワーワードではないか)。


タージドソン将軍は、爆撃機がターゲットに向かう状況下で、早々にそれらを止めることを諦め、一気にソ連を壊滅させるべきだと説きます。彼の発言には、異常なほどソ連を憎み、見下したような感情が溢れています。


ストレンジラヴ博士は、核戦争が避けられなくなった途端、わずかな者だけでも生き残る方法を平然と語り始めます。さらには、大統領を総統と呼び間違えたり、ナチスに取り憑かれたような言動をするようになります。彼が語る内容も、優秀な者だけを残そうというナチス的な思想であるにもかかわらず、タージドソン将軍や大統領はそれに何の疑いも持ちません。


コング少佐は、核爆弾にしがみついてターゲットめがけて落ちていきながら、カウボーイさながらに歓喜の雄たけびをあげます。


彼らの狂った様は、恐ろしく、同時に、笑えます。


映像の素晴らしさもさすがはキューブリック。特に目を見張るのがペンタゴンのシーン。だだっ広く薄暗い会議室。人物の顔に頭上から当てられた照明が独特の影を作り出し、辺りにはタバコの煙が漂っています。現実とはかけ離れたこの物々しい空間造形が、作品の世界観にぴったりマッチしています。


他にも、葉巻をくわえたリッパー将軍のスリリングなクローズアップや、コング少佐が爆弾と共に落ちていく様子を追う有名なシーンなども、映像にインパクトがあります。


また、それぞれの役者達の演技も印象的。


リッパー将軍を演じたスターリング・ヘイドンは、同じキューブリック作品で、自身が主演した『現金に体を張れ』や、小さな役ながら印象に残る警察署長を演じた『ゴッドファーザー』の印象が強いです。いずれも真面目な役でしたが、本作ではぶっ飛んだ狂人の役で強い印象を残しています。


タージドソン将軍を演じたジョージ・C・スコットは『パットン大戦車軍団』のアカデミー主演男優賞を辞退したエピソードが有名です。気難しいイメージが強い役者ですが、本作ではバリバリのタカ派の将軍をややコミカルなオーバーアクトで楽しく演じています。


そしてなんと言っても本作はピーター・セラーズ抜きには語れません。ストレンジラヴ博士、マンドレイク大佐、大統領の3役を1人で演じており、それだけでも称賛もの。何より素晴らしいのは、いかにも狂人じみたストレンジラヴ博士の演じっぷり。怪演という表現がぴったりの演技です。


でも、まあ1人で3役やる必然性はあまり感じませんけど。

 

最後に

今回は映画『博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか』の感想でした。

 

本来ならシリアスになるはずの物語を、絶妙な塩梅でブラックコメディに仕上げたキューブリック監督の手腕に、改めて感心させられる作品でした。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!!

 

↓ 他の映画の解説&感想もぜひご覧ください!

 

----この映画が好きな人におすすめ----

↓キューブリック監督によるSF映画

『博士の異常な愛情』の鑑賞は見放題作品数No.1のU-NEXTで!