映画『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』感想 ワンカット風の撮影が光る

どうも、Takijiです。

 

今回は映画『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』の感想です。2014年のアカデミー作品賞受賞作品です。

 

作品情報

タイトル:バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)

原題  :Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)

製作年 :2014年

製作国 :アメリカ

監督  :アレハンドロ・G・イニャリトゥ

出演  :マイケル・キートン

     ザック・ガリフィナーキス

     エドワード・ノートン

     アンドレア・ライズブロー

     エイミー・ライアン

     エマ・ストーン

     ナオミ・ワッツ

上映時間:120分

 

感想(ネタバレあり)

かつて『バードマン』というヒーロー映画で人気を博したリーガン(マイケル・キートン)は、その後はヒット作に恵まれない落ち目の俳優。再起をかけて、脚色、演出、主演としてブロードウェイの舞台に挑みます。薬物依存症から立ち直ろうとしている娘のサム(エマ・ストーン)、舞台で共演するマイク(エドワード・ノートン)、ローラ(アンドレア・ライズブロー)、レズリー(ナオミ・ワッツ)らとの人間関係を交え、もがく男の姿をシニカルに描きます。

 

 ストーリーに大きな起伏はありませんし、見ていて「面白いなー」というタイプの映画ではありません。ただ、ぐいぐいと物語に引き込まれたので、退屈することはありませんでした。

 

冒頭から、リーガンは超能力があるように描かれますが、やがてそれは妄想としての表現だと分かります。空を飛んで劇場に行ったかと思えば、タクシー運転手が運賃を請求しに怒鳴り込むというシーンは笑ってしまいました。

 

本作の大きな特徴として、編集のないワンカット風の撮影ということが挙げられます。切れ目なく物語が続いていくことで、臨場感があるのはもちろん、独特のテンポが生まれています。ドラムソロを中心とした音楽もとても印象的です。

 

主演のマイケル・キートンはティム・バートン版の『バットマン』を演じた俳優ということで、本作のリーガンと被るところも多く、やや自虐的なおかしさを感じます。あえてこういう言い方をすれば、バットマン以来のはまり役を見事に演じていました。彼の場合、バットマンの前にビートルジュースというはまり役がありますけどね。

 

俳優陣で特に印象的なのはエドワード・ノートン。実力派だが破天荒で身勝手なマイクという役者を余裕たっぷりに演じています。演技をする演技なんか特に難しいと思うのですが、彼はうまいです。個人的にはハリウッドでトップクラスに演技のうまい俳優だと思っているので、久々のオスカーノミネートはうれしかったですね。まだ受賞していないのが信じられないです。

 

本作は、コメディというジャンルと、バードマンのタイトルやビジュアルから、「なんとなく娯楽性のある作品だと思ってみたら面白くなかった」という人が多そうですね。本作は淡々と描かれる作品ですし、コメディといってもシニカルな笑いが中心ですからね。見る人を選ぶ作品です。劇場を出て文句を言っている人が目に浮かびます(笑)

  

最後に

今回は映画『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』の感想でした。撮影や音楽がなかなか挑戦的でよかったですし、俳優陣の演技も光る良作でした。こういう比較的地味な映画がアカデミー作品賞とは、アカデミーも変わりましたねぇ。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!!

 

----この映画が好きな人におすすめ----

↓ アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督の代表作